2line2

  • 使い方
  • SNS
  • メニュー
写真

いえを売る 動画解説

【動画解説】不動産(物件・土地)売却を依頼する会社の選び方とは?


このコラムの要点をサクッと解説

? ギモン
不動産を売却する際の“信頼できる”不動産会社選びのポイントは?
A. コタエ
提案内容や販売活動に不安・不満を抱いた時は、いつでも不動産会社の変更OK! 様々な提案をしてくれる会社・スタッフがいる不動産会社を選ぼう。

売却を依頼する不動産会社の選び方を動画で解説!

こんにちは、2Line2の井口です。

不動産会社は、街中を見渡しただけでもいくつも見かけますよね。
そこで今回は不動産会社を選ぶポイントをお伝えしたいと思います。

不動産を売却するということは、大きな労力を伴うものです。ぜひこの記事を参考に、ご自分にあった不動産会社を見つけてみてください。


売却を依頼する不動産会社を選ぶ3つのポイントとは?

不動産会社を選ぶ3つのポイントとは?

ポイントは、おおまかに分けて3つあります。

1. 会社の規模よりも、スタッフの提案力に注目

担当するスタッフの提案スキルや販売戦略がしっかりしていて、納得できる説明ができるかどうか。

これがまず重要になってくる点です。

担当スタッフの提案力

媒介契約には、納得できる説明を受けてから臨む必要があります。

2. 不動産会社・スタッフから、複数の選択肢が提案されているか?

時には、売却することだけが売主にとって最善の策とは言えない場合があります。

今は売らずに、一時的に定期賃貸借契約で貸し出し、将来の帰郷に備えて保有しておいた方が良いと判断できるケースもあるからです。

売主のことを考え選択肢を複数提案してくれるかが、不動産会社や担当スタッフを見極める上での重要項目になってきます。

不動産会社・スタッフから、複数の選択肢が提案されているか?

以下に、売却を検討される売主に対して提案される方法の例と、チェックしたいポイントを挙げています。

A:売却(不動産会社の仲介による売却)

換金希望時期、建物引き渡し条件、事前リフォームすべきか、測量費用負担者、建物解体費用負担者などが、提案に盛り込まれているか。

B:買取(不動産会社による直接買取)

複数の買取業者に相見積もりを依頼して、そこから得た最高値を提案しているか(情報を比較しているか)。

C:賃貸

建物の場合は賃貸借契約だけでなくサブリース契約、民泊、シェアオフィスなど。

土地の場合は更地にして駐車場などにすることを検討し、提案しているか。

不動産をシェアオフィスとして活用

D:親族居住

家賃設定根拠と賃貸借契約書締結を提案しているか。

E:建て替え

現状の建築されている容積率や建ぺい率と、建て替えした際に最大限まで建築可能な容積率と建ぺい率とを比較。

その上で、どのくらい最有効活用に伸びしろがあるかまでを確認して提案しているか。

F:リフォームして、そのまま居住

買い替えをせずに、リフォームをして居住する選択肢はあるか。家族の同意やを受けているか。会社の通勤に不便はないか。

リフォーム費用を具体的に算出し、売却した際の手取り金額と比べてどうかをシミュレーションしているか。

3. 担当スタッフ個人の「通算仲介件数」を確認する

もちろん、不動産会社の担当スタッフの過去の仲介経験を確認することもおすすめです。

経験が多いことが絶対的に良いということではありません。しかし経験が多ければ、売主の売却事情と販売スタンス、税制なども考慮した上で提案してくれる可能性が高くなるでしょう。

不動産会社スタッフの仲介件数

会社にもよりますが、大手の不動産会社でも一人の営業スタッフが取引する件数は、年間20件から30件前後(月に2件前後)が多いようです。


不動産会社選びのポイントは「提案力」!

複数の最善策を提案してくれる、熱意ある不動産会社を選ぼう

もし経験の浅いスタッフが担当であったとしても、その人に熱意があれば、上司に相談しながら方法を模索し複数の提案を行ってくれることも期待できます。

過去の担当件数はひとつの目安として頭に入れておき、さらに担当スタッフがどこまで真剣に売主のことを考えた提案を行っているかどうかを見極めることが大切です。

上に記載した「3つのポイント」などを参考に、不動産の有効活用、賃貸や買取なども含め、あなたにとって最も良い提案を複数してくれる不動産会社や担当スタッフを選ぶようにしましょう。


不動産会社や担当スタッフは、いつでも変更可能

担当の不動産会社やスタッフは、いつでも変更可能

不動産会社と媒介契約を締結したとしても、担当スタッフとのコミュケーションが思うように進まない場合や、提案内容・販売活動に納得がいかない場合には、途中で不動産会社を変更することも可能です。

不動産会社は、変更ができる

売主と担当スタッフの信頼が深まれば深まるほど、担当スタッフも期待に応えようと最大限尽力します。

不安に思ったことは普段から気軽に担当スタッフに相談をし、的確かつ納得のいく回答をもらいながら、二人三脚で売却を進めていきましょう。


まとめ:不動産売却を依頼する会社選びのポイントは信頼関係

まとめ:不安を感じたら、不動産会社を変える勇気も必要

売却にあたっては、どの会社を選ぶかに加え、どんなスタッフが担当になるかも非常に重要です。

「売主の立場になった提案をする」「複数の選択肢を提案する」「経験が豊富」「経験値は低くとも、熱意を持って仕事を進めている」といったポイントを参考にしながら、あなたにとって最善の提案をしてくれる不動産会社と担当スタッフを見極めましょう。

もし、売却を進める中で不満を感じた場合は、媒介契約を結んでいたとしても途中で不動産会社を変更することは可能です。

提案や販売活動の内容に納得できず、不満・不安を感じる場合は、不動産会社の変更を検討する勇気を持つことも、より良い売却活動のためには必要です。

セミナー

2Line2は福岡市内で「不動産」に関するセミナーを開催中!

専門的な話を、もっとわかりやすく直接聞いてみたい!」という方向けにアットホームなセミナーを開催しています。ぜひお気軽にご参加ください。

相談

家の売却・購入からお金の相談まで、
オールマイティーにサポート可能!

もっとゆっくり相談したいという方は、無料で個別相談も行っています。

この記事の監修者

井口 忠二

公認不動産
コンサルティングマスター

井口 忠二

Tadaji Inoguchi

Message

株式会社アスパートナー代表取締役。
福岡県出身。明治大学商学部卒。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。
大手不動産会社に入社し、売買仲介営業を経験。東京23区エリア営業トップセールスを2年連続受賞。その後、不動産の売買賃貸仲介・管理・コンサルティングをワンストップで対応する株式会社アスパートナーを経営。売買仲介成約件数600件超。

Licenses and Certifications

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
相続士
相続診断士
公認不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
経営学修士MBA
損保トータルプランナー(損害保険最上位資格)
不動産キャリアパーソン