2line2

  • 使い方
  • SNS
  • メニュー
写真

いえを買う 動画解説

【動画解説】購入仲介を依頼する不動産会社の選び方とは?信頼できる不動産屋さんのポイント


このコラムの要点をサクッと解説

? ギモン
不動産会社を選ぶ時は、どういったところに気をつけたらいいの?
A. コタエ
さまざまな物件情報や税金控除活用、綿密な資金計画などを共有し、レスポンスの良いコミュニケーションを行ってくれる担当者、会社を探そう!

仲介会社選びのポイントを動画で解説

こんにちは、2Line2の井口です。

物件購入の際の不動産会社選びがとても重要だということは、みなさんもご承知かと思います。

とはいえ、これはただ「物件の取扱件数が多い」といった表面的な部分だけではありません。

今回はさまざまな観点から、「良い不動産屋さん」とは何なのかを見ていきたいと思います。


購入希望条件を、仲介会社が把握しているか

購入希望条件を押さえているか

物件を購入する時の選び方とは?」の記事でも紹介していますが、物件選びの際には、物件に求める「優先順位」を明確にしておくことが重要です。

物件の購入を検討する、ということはまず、何かしらのきっかけ(必要性)があり、それに伴った物件への希望があるはず。

「駅チカで通勤・通学しやすいようにしたい」「子どもが生まれるから、3LDK以上の広さは確保したい」などなど。

購入希望条件を押さえているか

求めるものはさまざまですが、まずはこの条件を伝え、それに合致する物件を紹介してくれることが、不動産会社が行う最初の一歩と言えます。


不動産購入におけるベストな資金計画を提案してくれるか

ベストな資金計画をしてくれるか

物件の内容にばかり目が行きがちになってしまいますが、不動産の購入というのは大きな買い物、つまりお金が動くものになります。

だからこそ物件を探す依頼者にとってベストな資金計画を提案してくれるか、という点が非常に大事になってきます。

金利上昇リスクや修繕積立金上昇の可能性など、今後のランニングコストなどを考えた提案を行ってくれるかどうかは、大きなポイントです。

ベストな資金計画を提案してくれるか

また、こちらの「不動産を購入するための資金計画とは?」の記事でも詳しい内容を紹介しています。


物件に関する諸連絡はスピーディーか

諸連絡はスピーディーにやり取りされるか

良い物件ほど、早く売れてしまうものです。
そのため連絡を取る際のスピードも、良い不動産会社に求められる資質のひとつと言えます。

購入希望者は大きな買い物を控えています。
そこで連絡にタイムラグが生じてしまうと、購入の機会を逃してしまうことにもつながりかねません。

諸連絡はスピーディーにやり取りされるか

不動産会社だけに限ったことではありませんが、確認事項などを質問した際のレスポンスの正確さ・速さも、大きなポイントです。


仲介会社の担当者はどんな人?

営業担当者の人柄は、親しみやすく気軽に相談できるか

スピードが早くとも、そこに購入者への思いやりがなければ、やり取りはとても業務的なだけになってしまうでしょう。

営業担当者は、たとえできないことがあったとしても依頼者の意見や要望に親身になってくれる人を探しましょう。

営業担当者の人柄は、親しみやすく気軽に相談できるか

大きな買い物を控えた依頼者に対し、おなじ視点に立って誠実に対応してくれる担当者を選ぶようにしましょう。


不動産購入における税金控除など、有益な情報提供があるか

税金控除など、有益な情報提供をしてくれるか

また、知識の面も重要です。

住宅ローン控除(耐震適合証明書活用)、住宅取得のための親子間非課税制度、相続時精算課税制度などの税制優遇の情報は、不動産購入を目の前にした依頼者には大切な情報です。

人柄だけではなく、税金控除の知識などを共有してくれるか、またはわからない場合は上司などに相談してくれるかどうかも、しっかり気にかけておくと良いでしょう。

税金控除など、有益な情報提供をしてくれるか

住宅ローン控除については「物件を購入する時の選び方とは?」でも紹介していますので、ぜひ参考にされてください。


提案力があり、信頼できる仲介会社であるか

さまざまな提案をし、仕事に誠実な姿勢であるか

これまで挙げたものに加え、以下のような点も大切です。

  • 物件価格や引渡時期など、交渉条件を有利に運ぶ姿勢があるか
  • 融資の事前審査や融資本申込においても極力仲介会社経由で段取りをし、依頼者の負担を少なくする姿勢があるか
  • 物件選定にあたり、将来の不動産活用(賃貸)も考慮した提案しているか

いずれも当然といえば当然ですが、このような点はすべて依頼者が安心して物件を購入することにつながります。

さまざまな提案をし、仕事に誠実な姿勢であるか

目先の物件だけに気を取られるのではなく、信頼できる関係を構築できる人物・会社であるかどうかをつねに意識しておくと良いでしょう。


不動産仲介会社選びにおけるリスクとは?

不動産会社に懸念がある場合のリスクとは?

上記に挙げた点をしっかり押さえきれなかった場合、どういったことが起きてしまうでしょうか?

  • 想定以上の支払額となり、月々の返済額に無理が生じる(支払不能のリスク)
  • 書類の取得などを急に言われ、市役所や区役所に行く必要が生じ、生活や仕事に支障が出る。また、それによりタイトなスケジュールになり、余裕のない取引になる
  • コミュニケーションエラーが発生し、心理的ストレスが生まれてしまう
  • 本来適用された税金優遇が受けられない(税金控除機会の損失)

支払不能リスク

このように、「本来ならば受けられるはずだった恩恵」といったものが失われてしまいかねません。


まとめ:仲介会社とのコミュニケーションを大切に

気になる点がある場合は、担当者を変更することも可能です。
もちろん依頼者が無理難題を言ったり、傲慢な態度を取ることは言語道断です。

人間らしいコミュニケーションを通して、納得のいく不動産会社、そして物件に出会えるよう、つねにアンテナを張り巡らせ、情報収集とコミュニケーションを大切にしましょう。

セミナー

2Line2は福岡市内で「不動産」に関するセミナーを開催中!

専門的な話を、もっとわかりやすく直接聞いてみたい!」という方向けにアットホームなセミナーを開催しています。ぜひお気軽にご参加ください。

相談

家の売却・購入からお金の相談まで、
オールマイティーにサポート可能!

もっとゆっくり相談したいという方は、無料で個別相談も行っています。

この記事の監修者

井口 忠二

公認不動産
コンサルティングマスター

井口 忠二

Tadaji Inoguchi

Message

株式会社アスパートナー代表取締役。
福岡県出身。明治大学商学部卒。グロービス経営大学院経営学修士(MBA)修了。
大手不動産会社に入社し、売買仲介営業を経験。東京23区エリア営業トップセールスを2年連続受賞。その後、不動産の売買賃貸仲介・管理・コンサルティングをワンストップで対応する株式会社アスパートナーを経営。売買仲介成約件数600件超。

Licenses and Certifications

宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
相続士
相続診断士
公認不動産コンサルティングマスター
相続対策専門士
経営学修士MBA
損保トータルプランナー(損害保険最上位資格)
不動産キャリアパーソン